両毛レジリエンス創造委員会

両毛レジリエンス創造委員会 基本方針

両毛レジリエンス創造委員会 委員長  大平 覚

〈基本方針〉

青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を理想とし、地域が抱える課題に持続可能な解決策を与えるべく様々な運動を展開することを本旨としていますが、地域社会に資する人材を数多く輩出するために、地域の青年に成長発展の機会を数多く提供するという大きな役割を担っている団体でもあります。

青年会議所では様々な経験をすることができますが、成長発展のためという観点で言うと、青年会議所で出会う仲間との議論や交流を基礎として得られる経験というものが最も重要なのではないかと思います。人は人によって磨かれるのであり、背景や考え方の異なる人の意見や価値観に触れる機会を増やすことは、青年のさらなる成長発展のための大きな一助となります。

県境をまたぎ、文化・経済の結びつきが強く盛んな交流が行われてきたこの両毛地域には、6つの青年会議所が存在します。各地の青年会議所は、それぞれの地域に根差した素晴らしい活動をされており、所属するメンバーは数多くの成長発展の機会を得ているものと思います。こうした情報は、各地域に留めずに地域間で共有することが非常に有益で、自身の所属する地域の外にも素晴らしい活動をする青年会議所があることを知ることは、メンバーにとってよい刺激になりますし、地域外の情報に触れ、地域の垣根を越えて交流を図ることは、自身の地域では得ることのできないかけがえのない経験となります。そして、地域外で得た経験を自身の地域に持ち帰ることが、自身の地域をさらに輝かせることにつながるのではないでしょうか。

両毛地域青年会議所協議会は、両毛地域という一つの生活圏の中で活動する一番身近な協議会として、交流事業を軸に、両毛地域内に多くのつながりを構築してきました。こうした歴史を鑑み、両毛地域の未来をさらに明るいものにするためには、これまで培われてきたつながりをさらに強靭なものにしていかなければなりません。両毛地域で活動する一人でも多くの青年会議所メンバーに向けて、地域の垣根を越えて交流できる機会を継続的に提供し、地域間における情報共有をさらに活発化させることで、両毛地域内の人とひと、青年会議所と青年会議所との間に強靭なつながりを構築し、明るい両毛地域の未来を創造します。

〈事業計画〉

両毛地域に強靭なつながりを構築するための交流促進事業の実施

 

タイトルとURLをコピーしました