委員会基本方針

両毛まちづくり委員会 基本方針

両毛まちづくり委員会 委員長 木村 一

<基本方針>
私達、両毛地域青年会議所協議会は46年の歩みがあり、人づくりやまちづくりを学び検証し、両毛地域の人達に伝えてきました。両毛地域は、自治体の枠を越えた人々の生活圏であり、仕事や家庭の暮らしの中で日々活動し、交流が盛んに行われている地域です。

しかし、普段は、自分が生活している地域という枠組みを感じずに、他のまちや地域に魅力を感じている方が多いのではないでしょうか。これからも両毛地域を輝かせるためには、住民の皆さんの地域に対する愛着や誇りが必要です。そのためには、住民の皆さんに両毛地域が持つたくさんの魅力に気付いてもらい、更に両毛地域に意識を向けてもらうことが必要です。

そこで、両毛まちづくり委員会では、両毛地域の住民の皆さんをターゲットに、地域の枠組みと魅力を伝えるための事業を行います。枠組みを伝える手法として、両毛地域全体を舞台とし、住民の皆さんに各地を巡っていただきます。実際に行動することで、両毛地域が近い場所であるという生活圏としての枠組みを感じる事ができ、住民の皆さんの意識の中に刻むことができます。魅力を伝える手法として、その巡った先で両毛地域にしかないものに触れていただきます。大都市にはない各地の魅力を感じることで、両毛の魅力が住民の皆さんの心の中に築かれます。この2つを合わせた事業を行い、枠組みと魅力を実感することで、住民の皆さんの心に両毛地域への愛着と誇りが生まれます。

この事業を通じて生まれた、たくさんの両毛地域への愛着と誇りが、日々の暮らしの中で郷土愛へと繋がり、両毛地域の活性化、発展に繋がると確信しております。結びに、これまで諸先輩が築き上げた両毛地域の魅力と信頼関係を引き継ぎ、委員会メンバーと共に邁進していきますので、皆様からのご指導ご鞭撻、更にはご協力をお願い申し上げます。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

<事業計画>
・両毛地域の枠組みと魅力を伝えるまちづくり事業の開催

 

 

両毛交流委員会 基本方針

両毛交流委員会 委員長 田島 友一

<基本方針>
私達の生活圏である両毛地域は、群馬・栃木両県の領域で成り立ち、多彩な人々の交流が活発に行われてきました。両毛地域青年会議所協議会は、両毛地域全体をより明るく豊かにするために立ち上がり、各地青年会議所の特色を尊重し、交流を絶やすことなく続けています。ここ近年、急速な情報技術の発展に伴い、人と人との交流は更に自由になり、求めれば様々な人との交流が叶う時代となりました。この両毛地域をこれからの時代もより輝き続ける地域とするために、私達もより広い視野を持ち、新たな交流のかたちを取り入れる必要があると考えます。

両毛交流委員会では、この両毛地域を愛する『両毛族』を拡大させることを課題とし、事業参加者がたくさんの気付きや発見、そして新しい価値観を生み出す事業を行っていきます。交流の枠を会員の持つ身近なコミュニティへと拡げ、一歩踏み出し事業に参加していただくことで、両毛地域と人の魅力を実感してもらう。そして、その交流の中で育まれた人や地域に愛情が芽生え、地元からの郷土愛が両毛地域全域となることを目指します。

両毛地域青年会議所協議会の事業で参加者全員が交流を活かすことができれば、交流は確実に心の支えになります。交流を通じ郷土愛を醸成させることは、必ず両毛地域の発展へと繋がります。両毛地域をこのうえなく愛し続けることで、今後も私達の運動や活動は未来の子供達の希望となると信じ一年間活動して参ります。何卒皆様のお力添えいただきますよう、心よりお願いいたします。

<事業計画>
会員を超えたコミュニティの交流事業(合同例会)の実施